男性ならではの職場って?

男性の方が有利という職場は、あまりありません。
大手企業の採用では、男性の採用の方が多いですが、社会保障が充実した正規雇用の門はとても狭く、
派遣会社の利用などで常勤の正社員は極端に数が減っております。

今までにも近代化の波は、本来体力などを必要とする仕事が、
機械化により軽減され、男性の価値そのものがあまり必要とされなくなっております。

世間一般では今でも男性が一家の収入の支えとなることが常識で、今の若い男性は本当に大変だと思います。
建設関係の仕事では、肉体を有利とする仕事が多くありますが、建設関係で施工を行う労働者は社会保険などの整備がなく、
仕事も雨などの天候に大きく左右される為、一家を支えて安定した収入を望むことはできません。

最近は男性看護師の数がとても増えています。
患者と会話を交わしてコミュニケーションを行う仕事の場合は、女性の方が圧倒的に有利です。
また、一般の病院内では今でも医師を頂点とした縦社会の構造が強く、女性が主流となって働く職場では、男性看護師の立場はとても微妙な立場にあります。

男性看護師の職場は主に女性が敬遠する、精神科や手術室などの担当に集中している傾向があるようです。
しかし、高齢化により今は老人ホームなどの介護施設でも、看護師の需要が必要とされています。
特に身体が不自由な老人ホームの看護に関しては、体力も必要で、男性として必要とされる職場が増えております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です